木津川アート2018忘年会が行われました〜!

2018.12.10 Monday

0
    木津川アート2018もすっかり終わり、静か〜になった瓶原ですが、
    12月に入り、恒例の忘年会が、みんなだいすき「萬盛」さんで行われました。
    いつも、美味しい料理を安くで提供してくださってありがとう!萬盛さん!!!





    人数、多っっっ!!!
    参加者、子供含めて53人くらい。。。
    木津川アートも9年目、たーくんさんの方々に関わっていただいていること実感。


    数年前に拡張されたお店の半分を貸し切り、宴は大盛り上がりに盛り上がってしまいました。













    アレ?!




    アレアレアレ?!?!





    変な人発見!(2人も)




    そして、木津川アート忘年会恒例!「豪華商品争奪!大じゃんけん大会」も行われました。
    勝った人から、好きなもんもらえるんやで〜。



    伊勢海老のお頭もあるんやで〜。味噌汁にしたらものごっつぅ!!!美味しいんやで〜。

    そして、じゃんけん大会、
    50人もいますから、ざっくりしたものなのですが、
    「まず、一等賞を決めて、その人が何を選ぶかを、50人全員でじぃぃぃぃ〜〜〜〜っと見る」
    ことが大事。
    という説明が行われたあと、一等賞になったのは。。。




    子供!!!笑 おかしな大人達のプレッシャーに付き合わされる子供たち、ごめんやで〜
    一等賞獲ったのは、直さんむすこ!(さすが!持ってる!!!)




    いろんな大人達の「よ〜く考えや!」「ほんまにそれでいいんか?!」「お父さんとお母さんに聞いといで!」
    等々の悪魔のささやきが飛び交いましたが、
    そんな中での、背部からのお父さんの助言もあり、無事に「みかん一箱」ゲット!
    やったね〜よかったね〜〜〜!!!




    そのあと、市長より、嬉しいものをいただきました。



    みんなして、ちょっと涙。




    そんなこんなの大盛り上がり、inまんせい忘年会は終了〜。
    みなさん、来年も木津川アートをどうぞよろしくお願いしまーす!


    つづく。。。

    木津川アート2018を振り返る、番外編

    2018.12.08 Saturday

    0
      いきなり番外編かーい!
      っと言われそうですが、
      会期中の作品や作家さんの様子を記録した写真をすみずみまで集めている最中、
      ベストショットを決めようなどと思いつつ、しみじみしてしまい、なかなか進まないスタッフです(言い訳)


      写真で振り返る、番外編。(順、おもいっきり不同)




      こちらは会期前から会期中の市役所のロビーの様子です。
      木津川アートの開催アピールもかねて、毎回、
      木津川アート参加作家による作品を展示させていただいています。
      2018の作品は、浅野言朗さん。横浜からいらっしゃった作家さんです。
      光の当たり具合によって表情が変わって見える作品を展示してくださいました。




      加茂駅と瓶原をつなぐシャトルバスの中を、恭仁っ子のみなさんがかわいく飾り付けてくださいました。
      全国各地から来られた観客のみなさんへの、ささやかに見えてあったかい、嬉しいおもてなし。
      どんぐりの飾りは、瓶原の子供達とママさんパパさんたちが作成しました。
      いろーんなSNSでも拡散されていました。




      かわいいどんぐり。




      会期中、すごしやすい日が続くお天気の中、木津川アートツアーも例年通り行われました。




      スタッフやコアな観客のみなさんで、とあるものを探しています。




      こちらは、恭仁宮跡 ホウジョウズ+橋口新一郎さんの作品。
      参道を通り抜ける親子、ご夫婦、お友達や一人の人、犬を散歩中の方々などなど。。。
      いろーんな人が通り抜ける。




      恭仁宮大極殿跡にて写真を展示された成田直子さん。
      開催中、作品コンセプトやいろんな話を丁寧にしてくださっていました。
      こんなふうに、作家さんと直接話せるのが、木津川アートのいいところですね。




      演奏中の橋本次郎さん。真剣。




      旧小寺邸 雫プロジェクト。





      春日神社里道 大橋史人さんの作品の中で、お茶会も催されました。



      つづく。。。


      林直さん、Chakky Katoさん

      2018.12.05 Wednesday

      0
        。。。前回の続き。



        奥中章人さんの作品は、とっても大きいため、遠くからでもよ〜く見えました。
        また、地元の方々の手によって、毎年この地でコスモスを咲かせていらっしゃいます。
        今年は、木津川アートの開催にあわせて、コスモスを植えてくださいました。


        はてさて、そして、作家さんの作品やパフォーマンスを少しづつ振り返りたいと思います。









        木津川アート2010の初回から毎年参加の林直さんは、
        今回、瓶原地域内の民家でもかなり古い建物である「炭本光雄邸」での展示。




        林さんは、今年「木津川アート賞」を受賞されました。
        こちらは、最終日・クロージングパーティで受賞時の写真。
        直さん、嬉しそう&照れ臭そう!





        こちらは、木津川アート初参加のChakky Katoさん。演奏中です。








        とっても面白い楽器や機材をも、た〜くさん持ち込んで参加してくださいました。
        ガラスのマリンバによるインターベンションパフォーマンス。




        搬入時の、少しほっとされている時の1枚です。
        こんな素晴らしい場所で、このおふたりの作品を展示していただきました。
        そして、おふたりにもとっても楽しんでいただけたもよう。スタッフも嬉しいかぎりでした。




        炭本光雄邸まで、坂道登って行くと、こんなに素晴らしい景色にも出会えました。
        眼下に広がる茶畑。


        (木津川アート2018日記)つづく。。。。。


        木津川アート2018、無事終了しました。

        2018.12.03 Monday

        0
          木津川アート2018は、11月18日に無事終了しました。


          会期中、事故も怪我もなく、前回よりもはるかに多くの来場者さまにお越しいただきました。
          本当に、ありがとうございました。
          また、素晴らしい作品をつくってくださった作家のみなさん、ありがとうございます。
          そして、多大な力をお貸しくださった、ボランティアスタッフのみなさん、木津川市のみなさん、加茂町瓶原地域のみなさん、ご来場者のみなさん、
          ありがとうございました!


          順不同&時間がばらばらになることでしょうが、会期中の様子を少しづつ振り返っていこうと思います〜!



          「さて、木津川アートが始まりました!」

          ややこしいので、初日の様子から振り返りつつ、各会場の様子や作品を振り返りましょう。




          今年は、総合案内所を「瓶原公民館」に設けました。
          前回好評だったレンタサイクルも、ここで貸し出しました。
          しか〜し!
          えらいこっちゃ。。。初日、3日の朝から大盛況。レンタサイクルも、すべて貸し出されてしまう日もたくさんあり、
          少し焦り気味の案内所でした。




          趣のある素敵な建物に総合案内所を設けられて、とても幸せでした!
          オレンジ色のタペストリーが映えますね。




          木津川アートの開催時間は午前10時から。
          連日、朝からたくさんの方にお越しいただきました。





          そこから数十メートル歩いた所には、会場No14恭仁宮跡
          まずお目見えするのが、どでかい作品!奥中章人さんの作品。




          遠くからでも見える、奥中さんの作品。
          恭仁宮跡の芝生の上にどどーん!と、登場しました。
          この地に、この作品たちにわらわらと人が集まる様は、ずっと見ていたい、とっても幸せな光景でした。


          夜には、作品ライトアップも。







          昼間も夜も夕方も、それぞれに違った顔をみせる奥中さんの作品。





          今年も!中に入れちゃうんですよ〜!
          お手伝いいただいてるのは、今年もタスビーのみなさん!



          つづく。。。!!!



          木津川アート2018始まっています。

          2018.11.08 Thursday

          0
            木津川アート2018が始まっています。
            11月3日にスタートした木津川アート。スタッフも中の人も毎日朝から晩まで奮闘し続け、
            こちらの更新もおろそかになってしまいました。


            しかし、木津川アートは無事に開幕し、毎日ほんとうにたくさんの方にお越しいただいています。
            これから18日まで、関わるすべての方に怪我なきよう、事故のないよう、
            2週間の木津川アートを存分に楽しみましょう。
            (なんだかおかしな挨拶になってしまい申し訳ありません〜。)


            ここで、作品の写真など紹介するのはあとにして!
            (作品はぜひ!絶対に現地で体感しご鑑賞くださいまし!)
            ここでしか紹介できない面白写真とともに、木津川アートのいまと、これまでを紹介いたします。
            順不同ですがお楽しみください。




            みなさんもうご存知かと思いますが、木津川アート2018の総合案内所は、瓶原公民館にあります。
            たくさんの方々の努力により、この場所を設けさせていただいております。
            (それは、どの場所も会場も同じなのですが。。。)




            恭仁っ子バスの飾り付けは、瓶原にお住まいのママさんと子供達で制作されました。
            内部の様子はぜひ、乗車されて体感くださいね!
            この、ささやかに見えて実はとっても大きなおもてなしの心が、木津川アートをつくる力のひとつです。
            みなさんほんとうにありがとうございます。
            笑顔がまぶしい。


            木津川アートは、開催期間は2週間ですが、その準備と制作とコミュニケーション等々に20ヶ月をの年月を費やしています。



            堀内恵さん、竹中洋平さん、橋本次郎さんリハーサルの様子。こんな、みなさん半袖で活動している。。。
            そんな時期から、活動と制作は瓶原のいろんな土地で行われていました。




            みんなで恭仁神社のお祭りにも参加しました。
            竹中洋平さんと橋本次郎さんの演奏の前に、木津川アートのことをアピールさせていただいたりも、しました。
            司会をがんばるKさん。
            市役所の方々の労力にも大感謝です。




            こちらは「木津川アートショップ」での1枚です。
            ショップも、ボランティアスタッフさんたちの力によって支えられています。
            この日は、朝から晩までこの位置で、同じ体勢で、ずーっと手を動かしていらっしゃったお二人。
            この日だけでなく、ずーっとあれこれ動いてこられた、ショップスタッフのみなさん。
            ショップにも、遊びに来てね〜。




            こちらは、恭仁京跡(山城国分寺跡)にて、作品現地設置の初日の様子です。
            ポパイとオリーブがたくさん!できる子たちをたくさん引き連れて来てくれてありがとう。Hくん。




            こちらはうしこさん制作現場。こちらもたくさんのボランティアさんに助けられて制作しました。




            「たすびー」(関西大学ボランティアサークル)のみなさんに、今年も木津川アートをお手伝いいただいています。
            こちらも、会期前の早い段階から勉強会を開き、ご協力いただいています。
            木津川アートの安全開催&盛り上げに、たすびーの力は不可欠!
            若い力ってすごいです。




            そして、初日3日には、無事にオープニングパーティも行われました。
            マイク握ってお話し中なのは、木津川アート2018人気者の中村幹史(もとふみ)さん。




            「伊吹さん!カレー1点勝負ですね!」「。。。(小さく微笑む伊吹さん)」



            「(あーん)」



            「(ぱくっ!)(満面の笑み!)」おいしい!と、思っているにちがいないです。




            「・・・・(ガチャガチャ。。。)」Sさん。みんな大好きSさん。


            そして最後に!




            木津川アート名物「アートマン」
            彼の使命は、主に弁当を運ぶことですが、その他パンを買いに走らされたり、パシリに使われたりも、たまにしています、が、
            開催地でアートマンを見つけると、きっといいことがおこります。
            みなさん、アートマンを見つけたら「見つけた!」っと、指差してくださいね。


            木津川アートはまだもうすこし続きます。
            こちらのスタッフ奮闘日記も、あわせてお楽しみください。


            続く。。。