恭仁宮大学 第5回講座

恭仁宮大学 前期講座<5>が行われました。

まず1時限目は、「瓶原と万葉集」
講師は、南陽高校国語を教えていらっしゃる小西亘先生です。


4500首もある万葉集から、約40首の瓶原を詠んだ歌を抜粋。
さらにそれらを
「恭仁を讃える歌」「瓶原を謳った歌」
「安積親王の死を悼む歌」「廃都を悲しむ歌」
などのブロックに分け、それぞれの歌の解釈を教えていただきました。

私たちのまちの1300年前を詠んだ歌がこんなにもあるなんて、
なんて幸せなことでしょう!

あまりの面白さに、あっという間の1時間。
久々に集中して勉強した実感と、「もっと深く知りたい!」という気持ちが湧きあがり、
あー、これこそ大学だな〜と思った次第です。

2限目は、「図書館を活用しよう!」。


こうした知識を深めようという欲求を満たしてくれるのは、やはり図書館です。
何でも検索のみで知った気になる昨今ですが、
「実は地元のことを書いた本は、地元の図書館にしかないことが多いのです!」
講師を努めてくださったボランティア・スタッフの渡邉さんが、
地元図書館活用の大切さを教えてくださいました。

「困ったら図書館の職員さんに遠慮なく相談する」
「欲しい本は、リクエストする」など・・・。
ホント、ホント、図書館の存在をちょっと忘れていたなあ、と気づかされました。


その後、加茂図書館に移動。
図書館職員の池田文美さんに実際図書館を案内してもらいました。
まずは、入る前に「図書館利用のルール」をレクチャーしてもらい、


図書館入り口の検索機の使い方を聞いたり。
郷土のコーナーも興味ある本がいっぱいありました。

感激したのは、瓶原や恭仁宮について書かれている本を
職員の方が、20冊ほどピックアップしてくれていたことです。
さっそく、その中から限度いっぱいの10冊を借りました〜!


残暑厳しい日でしたが、文化センターも図書館も冷房が効いて
それはそれは充実、快適の時間を過ごすことができました。
小西先生、
渡邉先生、
池田先生、
ありがとうございました!

松井ゆめさんがキチキチに。

木津川アート2016、上狛の山本邸で作品(折り舟)展示の松井ゆめさんが、
あのときお腹にいた赤ちゃんと共に木津川市に来られました。


事前に「11時〜13時まで」とのお知らせを出していたので、
木津川アートの仲間が続々とキチキチに集まってきました。


松井さんの折り舟づくりを市民に呼びかけるために、
市内の公民館や図書館をまわり、折り舟を入れる箱を設置するという作業を担当したのが、
観光商工課の中村さんでした。

松井さんの赤ちゃん(5ヶ月・右)と中村さんの赤ちゃん(4ヶ月・左)のご対面です。
「いのち」をテーマにした木津川アート2016年が懐かしいです。
市の職員さんもいっぱい来てくれました。


たまたまランチに訪れた河井市長も混じって大賑わい。
そうでした、松井ゆめさんは「市長賞」を受賞されたのでしたね。


キチキチは、ちょっとした同窓会に。


最終的には20名を超える関係者が集まったのでした!


最後にゆめさんからご挨拶。
「あの時、お腹に赤ちゃんがいることでみなさんにお世話をおかけしましたが、
今一緒にお礼が言えて本当に嬉しいです、ありがとうございました!」


ゆめさん、よく来てくださいました。
またお会いしましょう〜!

この1週間前には、城戸みゆきさん中村岳さんがキチキチにいらっしゃって、
このときは福田さん李さんがお迎えしました。

木津川アートに参加された作家のみなさん、
タイミングもありますが、木津川市にお越しの際は一声かけてくださいね。
こんなにたくさん集まれるかはわかりませんが、
元気に頑張っていることをお互い伝えあうのもいいものですね。



恭仁宮跡でバーベキュー

バーベキューを楽しみながら、
あちこちで、自由研究のテーマについて話し合われていました。


地元の方からの詳しいお話を聞いたり。


これからの進め方について具体的な意見を出し合ったり。


最後はスイカ割り。


って、みんなは、素直にスイカだけを食べたかったようですが、
それを許さない木津川アート。
付き合ってくれてありがとね!
でも、大いに笑わせてもらいました!


何人かが挑戦したあと、見事に割ったのは中村さん
その瞬間を捉えた永友さんの写真!


夏・・・、満喫しました。


この木陰には常に風が通り、
不思議な心地よさに包まれていました。
「何か・・・あるよね、ここは・・・」
みな口々に言い合いました。


ゼミ登録&バーベキュー
お疲れさまでした〜!

写真提供:岩井さん/永友さん/富井さん/吉野さん ありがと!




ゼミ登録あとのバーベキュー。

さあ、何とかゼミ登録が終了しました。


場所を徒歩5分の恭仁宮跡に移しました。
なんてすてきな風景でしょう。


夏真っ盛り。
でも、この木陰の中はまるでオアシスです。


まずは、ゼミ登録終了を祝って、そしてこれからの健闘を祈って〜、


カンパーイ!


さ、さ、さ、バーベキューだ〜。


お肉美味しい〜。


野菜は木津川産。




何食べても美味しい。
差し入れありがとう!
スタッフのみなさん、幹事さん、グッジョブ!















まだまだ宴は続きます。


恭仁宮大学 ゼミ登録

瓶原地域をより深く知るためのプロジェクト「恭仁宮大学」。
前期の講座を積み重ね、何について興味を持ったか?が絞られてきた頃です。

そこで、それぞれ「何について調べていこうか」を発表してもらいました。


最初は重たい空気が包んでいた教室も、
一人ずつ話してもらうと、後から後からおもしろいテーマが出てきました。


瓶原に住まわれている方々からは、地元ならではの意見が飛び出します。
「へー、そうなんですか・・・」
面白いことがいっぱいありそうです。
そうです、早川さんが講座でおっしゃっていました。
「足下には様々な歴史が埋まっている」と・・・。


取材で参加した市職員さんもいい題材が見つかったみたい。
一緒に調べていきましょう〜。


「月1会」で集まるおなじみメンバーからも楽しいテーマが続出。


「本当にできるのかしら」心配な気持ちもチラッ。


今はどんどん出していきましょう。
そして、卒論としてまとめるのに実現可能なテーマをこれから絞っていきます。


何とか出揃ったようです。

後から参加された方。
本日参加できなかった方など、ゼミ登録の意志を表明された人数は約30人に。
これからその微調整に入りますが、


このメンバーで、瓶原に関する研究をゆるゆるとしていきます。
後期もどうぞよろしくお願いします。


<< | 3/170PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

ツイッター

KIZUGAWA ART MAGAZINE

公式ホームページはこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM