久々の更新です。

木津川アートブログ、久々の更新になってしまいました。


このブログは、木津川アートが始まった2010年の3月から始めました。
そのほとんどの記事を、プロデューサーである佐藤啓子が書いてきました。
少し前から、スタッフがブログの更新をしています。


ご存じの方も多いと思いますが、
木津川アート総合プロデューサー佐藤啓子は、8月22日に永眠しました。


木津川アート2018の開催を目前に控え、残念でなりません。
これまで並々ならぬ情熱を注いできた佐藤の意思を引継ぎ、
木津川アート2018は、木津川市加茂町瓶原地域にて開催します。
連日、作家のみなさん、瓶原地域のみなさん、ボランティアさん、スタッフで準備や制作に励んでいます。


こちらのブログは、スタッフの三谷が引継いで、木津川アートの様子をお伝えしていく予定です。
引き続き、木津川アート2018を、どうぞよろしくお願いいたします。




昨日、8月の「月一会」が行なわれました!

木津川アートは、毎月第一木曜日に「月一会」を行っています。


(写真がこの集合写真しかありません申し訳ないです)


8月3日に行われた月一会には、夜遅くですが子供さんも集合くださり、とてもにぎやかな会になりました!

市民企画としてのイベントの詳細を話し合ったり、
招待作家である、奥中章人さんからの「オープンアトリエ」の告知をしていただいたり。
(詳しくは奥中さんホームページ、ニュースページを、ご覧ください!)


また、8/4に発売の「ソトコト9月号」(木楽舎)〜地域のアートと音楽フェスティバル特集〜に、小さくですが、木津川アートのことを掲載していただきました。
そのお知らせもありました!


ソトコト ホームページはこちら


また、<マルガサリさんからのお願い!>

「いらないシーツをください」

11月の木津川アート2018開催期間中の公演に使用します。
おうちに、いらないシーツはありませんか?!
是非、事務局までご一報ください。


などなど、たくさんのお知らせ盛りだくさんの会でした。


月一会は、毎月、市役所横の「キチキチ」2階で開催。
少し覗くだけでもかまいません。ご興味ある方はご参加くださいね!



お掃除隊出動!「土阪邸」編

木津川アート2018。作家さんと展示会場もほぼ決定し、今期初出動の「おそうじ隊」。

7月22日、瓶原地域にある「土阪邸」のお掃除が行われました。





この会場に作品展示を行うのは、前回に引き続き参加の橋本次郎さん

オーナーの土阪さんとボランティアスタッフのみなさんと挨拶を交わし、

早速お掃除開始です。




この日はまず、蔵の掃除からスタート。

作家さんの意向を聞き、作業を進めます。




連日の猛暑の中、この日もとーっても暑く、真っ青な空がキレイ!と、

ほんの少しだけ楽しみつつ、休憩しつつ、作業は進みました。




蔵の中のものを出し、選定し、しゃかしゃかと作業はすすみます。




蔵がすっかりキレイになり、その手前のおくどさんも掃除。

橋本さんの指示のもと、残すものと運び出すものを分けつつ、作業はすすみます。




「ほっかむりガールズ」(ガールズ?!)も出動し、




「うわ〜!昭和26年の新聞が出てきた〜!」などと、オーナーさんと盛り上がりつつ、




蔵の中もおくどさんも、あっという間にキレイになりました。


この会場では、2014にも参加された志村陽子さんの作品展示も行う予定です。




最後にがんばった皆で記念撮影。

「やりきった感」溢れる素晴らしい笑顔のみなさん!!!



この後も、お掃除隊の出番はたーくさんあります。

作家さんと共に、作品づくりのお手伝いもできます。

お掃除隊募集のお知らせ、ワークショップや作品制作のお手伝い等のお知らせは、木津川アートファンクラブメールにてお知らせしています。


ファンクラブメール配信希望の方は、事務局 info@0774.or.jp まで、お知らせください。


作家さんと一緒に、会場づくり、作品づくりの楽しさを味わいましょう!



(次回のお掃除隊の出動は未定です〜。)




マルガサリさん、第1回ワークショップを行いました!

去る6月2日(土)恭仁小学校講堂にて、木津川アート2018参加アーティストの一組「マルガサリ」さんの公演&ワークショップが行われました。


マルガサリさんは、11月の開催期間中に、
木津川市民とオリジナルの影絵芝居をつくる「木津川ワヤン」プロジェクトを計画しておられます。
6月から始まり、毎月のワークショップを重ねていかれる予定です。
今回は、第1回の様子をお伝えします。




メンバーのみなさんとスタッフは、当日朝10時から準備を始めていました。
スタッフのみなさんとの挨拶を交わしたのち、





赤い絨毯をひき、踊り用の舞台を作り、その後ろに楽器が並べられました。
インドネシアの伝統楽器「ガムラン」他、たくさんのめずらしい楽器が並びました。


そして、午後2時の開演を前に、地元の子供たちや親御さん含め、たくさんの方が集まってくださいました。
みなさん、ありがとうございます!




マルガサリさんのご挨拶のあと、早速演奏が始まりました。
ガムランのめずらしい音色に、皆んなで聞き入りました。





踊りも披露していただきました。
特徴的な指の動き、体の動きを、食い入るように観ていました。



そして、少しの休憩を挟んだあと、講堂が真っ暗になりました。





次は影絵の時間!
「影絵って面白いでしょう〜!」ってことを説明するために、照明を持って会場を走るマルガサリさんに、
「怖い〜!」「こわい〜!」っと、泣き出す子供も。




しかし物語が始まると、み〜んな静かにオリジナル影絵を拝見しました。
聖武天皇も出てきて、木津川の名前も出てきて、子供たちも懸命に観ていました。


インドネシアでは、影絵芝居のことを「ワヤン」というそうで、とても盛んに行われているそうです。
この「ワヤン」を、木津川市オリジナル「木津川ワヤン」として作りあげるのが、マルガサリさんのテーマです。




そのあと少し休憩をはさみ、
今度は観客が実際に楽器を触らせてもらえるワークショップが始まりました。




体の動きにあわせて音を鳴らしてみよう!



今度は、誰か指揮をやってもらおう!
と、指名されたのは恭仁小学校の先生。



不思議なかたちの楽器。








仲良し3人組も、恥ずかしそうにしながらも前で指揮をとってくれました。ありがとう!




こうして、第1回公演&ワークショップは無事終了。


次回は6月16日(土)13時から17時 くにのみや学習館にて。

詳しくはこちら

また、マルガサリさんホームページもご覧ください。


次回、6月16日以降の参加者募集しています〜!!!


「月1会」ってこんな感じです。


この「月1会」は強制ではなく、ゆるゆる〜な会です。
毎月第1木曜日の夜に集まります。
木津川アートが開催されるまでの準備や催しを一緒に盛り上げていく仲間作りをしています。

この日は5月12日の「空間確認ツアー」を目の前にして、
お手伝いしてもらえる人を募っていきました。


初めて参加の方もいたり、なんだか事務局はウキウキしていたのですが、
写真は真面目な雰囲気ですね〜。


招待作家の奧中さんが、ご自分のワークショップの告知をしたり、
福田さん企画の上映会の告知をしたり、
そんな発表の場にもなります。


なんと言っても、会の後半のフリータイムが楽しい〜!
ここは、その上映会の打ち合わせかな?


こっちは、「空間確認ツアー」の時に参加者のお昼ご飯を用意する
「ぶたじる隊」の打ち合わせ。
ごくろうさまです!


こっちは、瓶原のマップを見ながら木津川アート2018について話し合っているのかな?


こちらのお二人は、
6月に予定している「木津川アート説明会」について話し合っている!!!
今年も新しい仲間を増やしたい!
よろしくお願いします!


何?
こっちは何が起こっているの?


ひや〜!
面白いことをいつも提案してくれる野田さん
すごい!


と、今度は奥中さんが何やらごそごそ・・・


じゃじゃ〜ん!
ハートのオブジェが出現しました!


これと光を合わせたらどうだろう?
とみんなでアイディアを言い合う。
こんなところから、面白い企画が生まれてきます。


みなさん、
一度、木津川アートの「月1会」に来てください。
いろいろな情報や、人との出会い、面白い企画が生まれてきます。

次の開催は、6月7日(木曜日)です!

<< | 2/175PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

ツイッター

KIZUGAWA ART MAGAZINE

公式ホームページはこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM