「空間探しツアー」その2


お昼ご飯前に「流岡山」の山登り。
短い距離でしたが、ちょっとハードでしたね。


その「流岡山」にあるのが「泉川温泉」
写真の真ん中に写っている建物です。


創業年はよく分からないそうですが、
元は木津川の旅人の疲れを取る旅館、今は会席料理店です。
温泉が出ていたわけでなく、お風呂のある宿をそう呼んでいたとか。
昭和初期に瓶原で芸術活動を行っていた画家、秦テルヲの風景作品にも登場します。


今日はここでお昼です、楽しみ〜。


お座敷に通され、スタッフも含めて興奮気味な参加者たち。


「泉川温泉」さんの大サービスに感謝、感謝。


柿のお菓子も美味しゅうございました。


自然と楽しい会話も弾みます。
「泉川温泉」さんのお心遣い、本当に嬉しかったです。
ごちそうさまでした!

あれ、「泉川温泉」さんの昼食の話しで、今日は終わっちゃった。

つづく・・・・。






空間探しツアー その1

11月に行われた「空間探しツアー」の模様を数回に分けてお送りします。
これは、木津川アート2018に参加応募しようと考えている作家さんや、
ボランティア・スタッフとして参加しようと思っている方、
そして、木津川アートに興味のある方に向けてのツアーです。


この日の空は、透き通るように青かったです。
その分、寒い朝でした。


木津川市のマイクロバスで、瓶原(みかのはら)に向けて出発〜!


バスの中は満員御礼。
乗れなかったスタッフはその他の車に乗り合わせ、
総勢40名のツアーとなりました。


最初に訪れたのは、「恵美須神社」


どこかから聞こえるサウンド。
姿は見えねど、何?この不思議な世界・・・。


10分後に現れたのは、木津川アートでは縁の下の力持ち、小林一博さん
素晴らしいパフォーマンスに、みんな酔いしれました。
寒い中、小林さん、ありがとうございました!!!


河原、岡崎の集落を抜けると・・・


目の前に広がる我らが「木津川」


寒いけど、気持ちいい〜!

さて、次は流岡山へと進みます。

つづく・・・・

「みかのはらカルタ作り」



恭仁宮大学・11月の講座は、
「みかのはらカルタ作り」大きなカルタの絵を描こう!でした。


午前の部では、みかのはら地域に関するキーワードを出して、
それを読み札にまとめました。
これが重要で大変な作業でしたが、うまくまとめられました。


できあがった読み札から、どんな絵を描こうか?
悩むところです。


さて、決まればさっそく絵札の作成。
集中の時間、いい空気が流れています。


親子で。
(それにしても大きなお子さんですね、大学生ですか!)


友達同士で。


「パパ、まじ真剣!」
織部焼を表現しようと必死です。


子どもだって、構図が決まれば早いのだ!


先生に「画伯」とニックネームを付けられた彼。
夕暮れの鹿背山と柿が、すごくいい感じ!


午後からの参加でも、こんなにしっかり描けましたー。


「楽しかったー!」
子どもも大人も、みんな口を揃えて満足そう。
さすが「こどもおとなアート隊」!!!!

残りの絵札は、引き続きワークショップを行います。
できあがったカルタは、来年1月、恭仁宮跡にて、カルタ大会を行う予定です。
ついでに凧揚げもしちゃう?

ご興味のある方は、ぜひご家族で参加ください〜!








恭仁宮大学「スケッチ教室」3


秋空の下、コスモス咲き乱れる恭仁宮跡をスケッチしてもらいたい!
そんなイメージを抱いていた主催者としては、この日の天気は残念でした。
ところが、そんな天気を吹き飛ばすくらい、参加者はとても積極的で熱心でした。


くにのみや学習館には、宮跡から出土した瓦や壺が展示されていて、
それらをスケッチする方々もいました。


また、ここからの景色をスケッチする人も・・・。
アイディア次第で、天気の悪い日も楽しめるのですね。


恭仁小学校の渡り廊下でスケッチする方も。


集中の時間を経て、いよいよ合評会。
西薗先生が一人一人にコメント、アドバイスをくださいました。








全員が個性あるすてきな作品ができあがりました。
ベテランさんにも、初心者さんにも、温かい拍手が・・。


「また西薗先生の教室をやってください!」そんな要望も出て、
この日集まったみなさんの気持ちが高まった瞬間でした。
西薗先生!
ありがとうございました!
お忙しいでしょうが、是非また「スケッチ教室」考えてくださいね!


恭仁宮大学「スケッチ教室」の参加者全員で。
来年の卒業制作展で会いましょう〜!




恭仁宮大学「スケッチ教室」2


ここで、経験者と初心者が分かれます。
ビギナーは、もう一度教室に戻って水彩画の描き方を教えてもらいました。


先生は、サラサラッと力を抜いたタッチ。
ポイントは、濡れた画面を活かしたり、ちゃんと乾かしたり、
そのタイミングのようです。


学習館の横に雨に打たれて倒れかけのコスモスをいただいて、
まずは静物画から。
教室の中は、しーんと静寂の時間が過ぎていきます。
真剣さが満ちていて、気持ちいいほど。


年配の受講者に混じって、小学生が2名参加してくれました。


スケッチ教室の会場になった「瓶原公民館」を立ったままスケッチされている方。


この方は、「瓶原公民館」を裏からスケッチ。


学習館の軒先をお借りしたので、雨が降っても大丈夫。
こちらもみなさん、黙々と。


慣れている方も、初めての方も、
みなさん集中されている姿が、印象的でした!

つづく・・・・

<< | 2/171PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

ツイッター

KIZUGAWA ART MAGAZINE

公式ホームページはこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM