「恭仁宮大学発表会」<1>


晴れ渡った青い空!
「恭仁宮大学発表会」に1ふさわしい好天に恵まれました。


スタッフが前日に作った看板が、何とも懐かしい感じ。
瓶原公民館と、くにのみや学習館にて、14のチームの発表と展示がおこなわれました。
ご案内しましょう。

「みかのはらカルタ」

みかのはらに関するキーワードをみんなで考え、
それと絵を組み合わせるところまでが大変な作業でした。


45枚の大きなカルタが会場をぐるっと取り巻いた景色は圧巻でした。


4月7日のプレイベント「咲かすサーカス」での大カルタ大会が楽しみです!
みなさん、来てくださいね!



「みかのはら茶会」

かつて古田織部が、この瓶原で茶会をおこなったという文献を紐解き、
お茶の生産・加工の盛んな瓶原の地域性をみんなにアピールするという企画。


和やかな雰囲気で行われました。



「瓶原スケッチ」教室

瓶原スケッチ教室で描かれた作品を展示しました。


ワイワイガヤガヤ、みんなで搬入するのが、楽しかったですね!


これら作品は、冊子にまとめられました。
木津川アート2018でご覧ください。



「和同開珎をつくろう!」

銭司という地域は、和同開珎が作られていたということで、
「和同開珎を作ってみたい」受講者の素朴な思いが講座開講のきっかけでした。


その制作過程はブログですでに報告済み。
実際の2倍の大きさの和同開珎を一挙に披露しました。


それぞれに考えた4文字漢字は、一ひねりも二ひねりもあって面白い!


手に取ると、ずっしりとした重さにびっくりです。


制作に使われた元型なども展示しました。


<2>へつづく・・・・。

あけましておめでとうございます。

2018年がやってきました。
木津川アートの年です。
元旦恒例初歩き。
今年はやっぱり瓶原(みかのはら)です。


1月1日。
晴れ。


今回は井平尾(いびらお)目指して、恭仁大橋からスタートです。


サングラスしてる飛び出し坊やクン。


古い集荷場。




古い家並みが残る小さい集落ですが、とても心惹かれるまちです。




163号線を越えて、例幣(れいへい)地区へ。


南天の赤い実が、お正月っぽい。




お正月の田んぼは、だーれもいません。
誰にも会いません。
冷たい空気が身体を通って気持ちいいです。


ぐるっと回って木津川の堤防に戻って、元旦まち歩きは終了〜。

どんな1年になるのかな。

みなさま、本年もよろしくお願いします。



木津川アートファンクラブ忘年会


木津川アートファンクラブ忘年会が、キチキチにて行われました。


今年1年がんばったみんなが集まり、笑って過ごすひととき。


美味しいモノがたっぷり。
外は寒いけど、温かいごちそうが待っていました。




みんないい笑顔!








超贅沢なごちそうも登場しました。
目の前でさばいてくれた武田さん、ありがとう!


幹事の李さん、中村さん、小林さん、準備ありがとう!
後片付けの吉野さん、安田さん、ごくろうさま!
忙しい中、差し入れを届けてくださった松本さん、ごちそうさま!
幹事さんを助けてくれたみんな、みんな、ありがとう!
持ち寄りの一品、美味しかったよー!


とにかく食べて、飲んで、笑って、盛り上がった忘年会。
2017、ありがとう〜〜〜〜!

2018も頑張ろうね!

みなさん、よいお年をお迎えください。



「空間探しツアー」その5


ツアーも終盤へ・・・。
恭仁神社へと続く参道を歩きます。
自然と背筋が伸びるような、敬虔な気持ちになります。


広い境内には大きな拝殿2つと、中央に1つ。
ここもアートな空間がいっぱいありました。


ここでおやつとして出したのが「千石おはぎ」
あんこ、きな粉、青のりの3種類のなかから選んでパクリ!
控えめな甘さが美味しかったです。


次に向かったのは、畳屋さんの倉庫。
古くて味わい深い空間でした。


いろいろ発見の多いツアーでした。


終わってからのみなさんの感想は、「すごくいいところですね〜」でした。
ちょっと「寒かった!」ですけどね!


これからもさらにアートな「空間」探しを続けていきます。

木津川アート参加募集中です。
興味のある方、どしどし応募してください。
みなさんの参加をお待ちしています。

http://www.kizugawa-art.com/bosyu2018.html

「空間探しツアー」その4

「空間探しツアー」の途中、
瓶原地域にお住まいのみなさんともお話できました。


廃園になった幼稚園を、陶芸の教室&住居としてお使いの
「みかのはら陶工舎」金子さん
素敵な空間にワクワクしました。
中まで見せてくださって、ありがとうございました!


家具作家の浦辻さんの奥さん(左)と、
農業をしながらさまざまな活動をされている野中ご夫妻
瓶原という土地に惹かれて移住されたクリエイティブなみなさん。
これからよろしくお付き合いください!


浦辻さんの工房&お宅は、元お茶工場。
「すてきっ!」の声があちこちから。


浦辻さんの庭にはヤギがいて、


ブランコがあって、


ハンモックまであって、みんなで遊んじゃいました!

つづく・・・・。











<< | 2/172PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

ツイッター

KIZUGAWA ART MAGAZINE

公式ホームページはこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM