奥中章人さん

2019.03.14 Thursday

0
    〈奥中章人さん〉

    招待作家として出品していただいた奥中章人さん。
    木津川アート2018では、開催地域の中心地である「恭仁宮跡」にて、
    これまたでっかい!作品をつくられました。








    これは、作品の中の様子。もちろん、中に入れちゃいます。
    「御神体」は、ほんとは触っちゃいけませんが、触る時は優しくさわってね。との注意書きがありましたね。




    最終日近くには、急遽、コラボレーションライブが行われたりも、しました。人たくさん。




    また、インスタ映えするのでしょう!いろーんな方が写真を撮っていました。
    上の写真は、タスビー制作によるインスタ枠にて撮影する人たち。
    手前で撮影している方:奥中さん(作家)




    夕暮れ時も、ぽわーんと浮かんでいるようにも見える作品は、うっすら光を放って美しく、




    オープニング・クロージングパーテイの時、ナイトツアーの時には、ライトアップもされました。





    つづく。。。

    島本彩さん、成田直子さん

    2019.03.07 Thursday

    0
      <島本彩さん>(長柄邸)


      銅版画で出品された島本さんは、長柄邸の母屋全体を使って、作品を展示されました。








      長柄邸にもともとあったものたちをモチーフに、作品をつくられたのでしょう。





      なるほど。あっちを見てこっちを見ると「なるほど」と、声がでました。






      木漏れ日が長柄邸の廊下と作品を美しく映し出す、あったかい空間が広がっていました。


      <成田直子さん>(恭仁京大極殿跡)

      木津川アートには前回に引き続き2回目の出展となる、成田さん。






      恭仁京跡の横、恭仁宮大極殿跡全体を使って、大きな作品を展示されました。



      木津川アートの開催に併せて育てられた、コスモスも映えます。



      連日、大きなカメラを抱えた方をはじめ、滞在されている成田さんと楽しそうにお話しされている方、たくさん。



      木津川アート2018、作品紹介はすこーしピッチをあげてまだまだ続きます。
      ただいま制作中の「木津川アート2018 作品&ドキュメントブック」には、載せきれない写真を中心に、
      綴っていく予定です。


      つづく。。。


      林直さん、Chakky Katoさん

      2019.03.05 Tuesday

      0
        林直さん、Chakky Katoさんの展示会場は、最北にある「炭本光雄邸」でした。




        木津川アート2018の会場の中では、最も古い建物。



        (ブルーシートがかかっている写真で申し訳ありません。。。このような部分も、お掃除隊が素晴らしく改善して、木津川アートは開催されます。素晴らしいですね!)
        この大きなお屋敷の、母屋と牛小屋を使って、お二方の作品が展開されました。


        林直さん





        こちらは母屋での展示のようす。




        こちらは牛小屋での展示の様子。
        林直さんはご存知、木津川アート2010から毎回出品してくださっています。
        招待作家としての木津川アート2018、「木津川アート賞」を受賞されました。




        最終日、クロージングパーティではにかみながらトーク中の林直さん。
        写真左は、審査員の菅谷富夫さんです。




        こちらは、Chakky Katoさん。





        自作のガラスのマリンバをはじめ、たくさんの音を出すものたちを使って、
        パフォーマンスも繰り広げられました。





        竹中洋平さんとのコラボレーションもありましたね!
        たくさんの角度から、来場者を楽しませてくださいました。


        つづく。。。!

        うしこさん、中村岳さん、中村幹史さん

        2019.03.04 Monday

        0
          前回の更新より、少しだけ間あいてしまいましたが、引き続き、作品紹介を少し急いで掲載しますね。


          瓶原地区、少し北の、坂道を上がった所に在る「炭本庄司邸」を会場に作品展示されたのは3人。







          うしこさんは、木津川アート初参加。会場入ってすぐの畳の間にての展示。





          その、炭本庄司邸前の畑全体を使用して作品を展開されたのは、
          木津川アートではおなじみの、中村岳さん




          作品を上(北側)から眺めると、先に雄大な景色が広がり、
          期間中に作品も青空も、とても映えていました。



          こちらは制作中の岳さん。慣れた手つきでさくさくと作品をつくっていく。カッコいいです!




          こちらは、炭本庄司邸、玄関と倉庫で作品展示された中村幹史さん
          夏の間から、瓶原のアート・イン・レジデンスに泊まりながら、
          長い時間をかけて作品を制作されました。






          こちらは倉庫内の作品。



          細部にまでこだわった、渾身の一作となったようです!



          会期中、作品解説をする中村さん。




          こちらは、庄司邸玄関近くでの作品。




          この作品の前(というかななめ前)にて、みまもり隊やタスビーのみなさんが、作品を見守り、
          来場者を迎え入れて言葉を交わしておられたのが印象的でした。


          はてさて、作品紹介はもうすこし、ピッチをあげて続きます!


          伊吹拓さん

          2019.02.01 Friday

          0
            <伊吹拓さん>西脇産業倉庫にて

            木津川アートにも数回目!出展してくださった伊吹拓さん。
            またまた、新たな伊吹さんの一面を知る作品に感激させられました。




            でかい!











            部分。いろんな方向から鑑賞したり、時間を変えて鑑賞したりすると、また違った鑑賞ができました。
            なんっと!伊吹さん!制作途中にも何度もお邪魔しましたが、とっても面白い会場と作品でした。




            また、この会場ではコラボレーションライブも行われました。踊る堀内恵さん。




            伊吹さん、堀内さん、橋本さん、竹中さん。微笑ましい4ショット!


            つづく。。。。