木津川アート2018、無事終了しました。

2018.12.03 Monday

0
    木津川アート2018は、11月18日に無事終了しました。


    会期中、事故も怪我もなく、前回よりもはるかに多くの来場者さまにお越しいただきました。
    本当に、ありがとうございました。
    また、素晴らしい作品をつくってくださった作家のみなさん、ありがとうございます。
    そして、多大な力をお貸しくださった、ボランティアスタッフのみなさん、木津川市のみなさん、加茂町瓶原地域のみなさん、ご来場者のみなさん、
    ありがとうございました!


    順不同&時間がばらばらになることでしょうが、会期中の様子を少しづつ振り返っていこうと思います〜!



    「さて、木津川アートが始まりました!」

    ややこしいので、初日の様子から振り返りつつ、各会場の様子や作品を振り返りましょう。




    今年は、総合案内所を「瓶原公民館」に設けました。
    前回好評だったレンタサイクルも、ここで貸し出しました。
    しか〜し!
    えらいこっちゃ。。。初日、3日の朝から大盛況。レンタサイクルも、すべて貸し出されてしまう日もたくさんあり、
    少し焦り気味の案内所でした。




    趣のある素敵な建物に総合案内所を設けられて、とても幸せでした!
    オレンジ色のタペストリーが映えますね。




    木津川アートの開催時間は午前10時から。
    連日、朝からたくさんの方にお越しいただきました。





    そこから数十メートル歩いた所には、会場No14恭仁宮跡
    まずお目見えするのが、どでかい作品!奥中章人さんの作品。




    遠くからでも見える、奥中さんの作品。
    恭仁宮跡の芝生の上にどどーん!と、登場しました。
    この地に、この作品たちにわらわらと人が集まる様は、ずっと見ていたい、とっても幸せな光景でした。


    夜には、作品ライトアップも。







    昼間も夜も夕方も、それぞれに違った顔をみせる奥中さんの作品。





    今年も!中に入れちゃうんですよ〜!
    お手伝いいただいてるのは、今年もタスビーのみなさん!



    つづく。。。!!!



    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL