9月の「月一会」が行なわれました。

2018.09.18 Tuesday

0
    先週の木曜日、木津川アート恒例の「月一会」が、キチキチにて行なわれました。
    その様子を少しだけお伝えします!





    「月一会」は、毎月第一木曜日に開催してきましたが、今回は9月第2週に行なわれました。
    夜8時、わいわいがやがや、いつにも増してたくさんの方々にご参加いただきました。




    まず、会をはじめるにあたり、佐藤啓子の逝去に伴い、夫である佐藤淳さんにお手伝いいただくことになり、
    ご挨拶がありました。
    みなさん、どうぞよろしくお願いいたします〜。





    最初は、参加アーティストのうちの一組マルガサリさんから。
    現在の進行状況や、重ねておられるワークショップの報告をしていただきました。
    加茂町にある「若虎」さんのお話を聞いたり、ストーリーを作って、子供たちと一緒に影絵を作っている写真とともに、紹介していただきました。
    そして、マルガサリさんからのお願いなども。
    一緒に「木津川ワヤン」を作ってくれる木津川市民の方を募集しておられるのと、
    公演当日、簡単な照明のお手伝いと、スクリーンの操作をしてくださる方を募集中とのこと。
    また、「いらないシーツはありませんか?!」ご家庭で必要なくなったシーツを、影絵に使用します。
    もしあれば、是非譲ってください!等のお願いがありました。
    気になるお問い合わせは是非、事務局にご連絡ください。


    その後、市民がいろいろ企画・計画しているイベントについての話なども。




    その中のひとつ「恭仁っこバス」について説明してくださるのは、瓶原に在住の炭本さん。

    期間中、加茂駅から駐車場まで、シャトルバスが運行されます。
    その中を、恭仁の子供たちが制作した特別な空間がお迎えされる。。。。
    というのが「恭仁っ子バス」なのです!
    炭本さんは「恭仁っ子大作戦」としても、地元で大活躍中。
    こういった、地元の方のご協力や参加が、木津川アートには欠かせません。
    一緒に楽しいものを作りましょう!!!


    また、作家さんからの進捗状況の報告などもありました。




    堀内恵さんは、今年木津川アート初参加。
    ダンスパフォーマンスで参加されます。
    現在、瓶原に多く滞在されて、そのイメージを膨らませたり、地元のことを知ること等をされています。
    こうして、木津川市に深く関わってくださる作家さんが居ることはとても嬉しいことです。
    今日の月一会にも来ていただきました。嬉しい!
    10月15日には、拠点となる「石井製畳」に畳をしく。という作業のお手伝いのお願いなどもありました。
    また、事前にこちらでもお知らせしますね!




    加藤史江さんは、今年もご参加くださいます!




    林直さんは、加茂町在住の恒例作家さん。
    今年は、招待作家として参加してくださいます!
    直さんからも少しお願い。
    瓶原の、古い写真を探しておられます。
    直さんの作品に使用したいとのことです。
    お心あたりのある方、これまたお待ちしております。


    その後も、わいわいがやがやお話続きますが、




    何やら話す野田さん。




    それぞれの話は続きますが、月一会は夜10時がタイムリミット。
    最後にみ〜んなで集合写真撮りまして、この日は終了です。(そこからも個々の相談話は続きますが。。。)


    木津川アート開催を目前にして、みんなそれぞれ動いています。
    少し長くなってしまいましたが、月一会の様子をお届けしました。
    木津川アートはは、11月3日(土・祝)から18日(日)まで。
    みなさん、来てくださいね〜〜〜!!!


    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL