恭仁宮大学「スケッチ教室」2


ここで、経験者と初心者が分かれます。
ビギナーは、もう一度教室に戻って水彩画の描き方を教えてもらいました。


先生は、サラサラッと力を抜いたタッチ。
ポイントは、濡れた画面を活かしたり、ちゃんと乾かしたり、
そのタイミングのようです。


学習館の横に雨に打たれて倒れかけのコスモスをいただいて、
まずは静物画から。
教室の中は、しーんと静寂の時間が過ぎていきます。
真剣さが満ちていて、気持ちいいほど。


年配の受講者に混じって、小学生が2名参加してくれました。


スケッチ教室の会場になった「瓶原公民館」を立ったままスケッチされている方。


この方は、「瓶原公民館」を裏からスケッチ。


学習館の軒先をお借りしたので、雨が降っても大丈夫。
こちらもみなさん、黙々と。


慣れている方も、初めての方も、
みなさん集中されている姿が、印象的でした!

つづく・・・・

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

ツイッター

KIZUGAWA ART MAGAZINE

公式ホームページはこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM