恭仁宮大学 第3回講座

2017.07.20 Thursday

0
    回を増すごとに、受講者の人数が増えていくのを感じます。
    第3回講座「聖武天皇・遷都の旅」と銘打ったバスツアー。
    京都・滋賀・大阪・奈良、の四都を1日で回るという企画です。

    4つの都を繋げることで、
    短い期間に遷都を繰り返した聖武天皇の思いに近づくことができるでしょうか。



    抽選で選ばれた40名の受講者のみなさんが、
    2台のマイクロバスに乗り込み、さあ、木津川市役所を出発です!

    『恭仁京』(くにのみや)

    最初に訪れたのは、『恭仁宮』(京都・木津川市)。
    国分寺跡として残る塔の礎石を見学。
    解説をしてくださるのは、木津川市 文化財保護課の芝野康之さん.



    大極殿跡


    『恭仁宮』をクリア。

          ◎

    『紫香楽宮』(しがらきのみや)

    東北の道、とよばれた道を聖武天皇は通って滋賀に向かったと言います。
    なるべくその道に近い道を予想しながら和束町を抜けて約1時間。


    『紫香楽宮』に着きました。
    宮町遺跡の資料館にて、宮殿想像図を3Dアニメーションでお勉強。




    解説は、甲賀市歴史文化財課の鈴木良章さん
    休館日にわざわざ開けてくださって、解説までありがとうございました!


    木津川市文化財保護課の長澤拓志さん(左)と甲賀市歴史文化財課の鈴木良章さん(右)。


    今は田んぼとなっている宮の跡。
    目を閉じ、ここに都が建てられた当時の様子を想像します。
    なぜここだったのか?
    なぜ?

    『紫香楽宮』クリア。

    「聖武天皇・遷都の旅」後半へつづく・・・。
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL