「恭仁宮まち歩き」お弁当タイム

2017.05.25 Thursday

0



    河原を東西に横断しますと、いきなり集落が途切れ、
    目の前がパーッと開けました。


    おなか、減りましたね。


    ちょっと疲れた体に心地いい風が吹いています。
    「ここでお弁当いただきませんか?」

    道端ではありましたが、田に足が入らないよう気をつけて座りました。
    このときの開放感は、ちょっと言い表せないほどの感動がありました。
    実際、まち歩き終了時に参加者に感想を聞きましたが、
    広大な風景に囲まれながらのひとときが良かった、という人もいました。

    1300年前も今と変わらぬ爽やかな風が吹いていたのでしょうか。
    遠い恭仁宮の時代を重ね合わせてしまうお昼休憩でした。

    つづく・・・・


    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL