「恭仁宮まち歩き」4


竹林のトンネル


茶畑


山羊とハンモックのある庭の風景・・・。


木工アーティストのアトリエとお聞きしました。
いったい、ここは・・・・
うらやましいほど美しい風景のまちです。


そして、本日のまち歩きの最終地点、恭仁神社に着きました。


参道は大木に覆われた鎮守の森。
その奥に素晴らしい神社がありました。


正面の舞台とそれを挟む形で大きな拝殿が左右に2つ、
合計3つの空間に、何かアートの発表ができるのではないか。
みんなはそれぞれに想像しました。


それにしても、よく歩きました。
さあ、スタート地点に戻りましょうか?


途中、ドラムアーティストの竹中洋平さんのお宅が近くにあるということで、
みんなで押しかけました。
防音されたスタジオで、切れのいいドラムの音を楽しみました。

陶芸作家、木工アトリエ、ミュージックスタジオ・・・・。
いろいろなアーティストが住んでいる町でもあるのですね。

こうして、第1回「恭仁宮まち歩き」が終了しました。

まちが、空間が、空気が、
どれも魅力的で心惹かれるものばかりでした。
さあ、これからもっともっと「恭仁宮」について知りましょう。
興味を持たれた方、次回のまち歩きに気軽にご参加ください〜。




コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

ツイッター

KIZUGAWA ART MAGAZINE

公式ホームページはこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM