第5回 地域連絡会 終了の会

年度末の慌ただしい中、
第5回 木津川アート地域連絡会 終了の会が行われました。


木津川アート2016 椿井大塚山古墳で展示されていた
長谷川政弘さんの作品「風の道」が、形を変え、
アスピアやましろで保存・展示がされることとなり、
この日は、そのお披露目の会でもありました。


作者の長谷川さんから、ご挨拶がありました。


「このアスピアが建設された頃、いつか自分の作品が
こういう場所に置かれるようになればと思っていましたが、
今、それが現実となり、嬉しいです」

私たちも、木津川アート2016の作品が残ることになって、大変嬉しいです。


大きな拍手のあと、みんなで近くで鑑賞しました。
実際には、ここまで入って観られませんが、今日は特別です。


実は、アスピア山城と図書館の渡り廊下の丸窓からも鑑賞できます。


このアスピアと椿井大塚山古墳が深い関係だという説明を聞き、
みなさん「知らなかったわ〜!」と盛り上がりました。


渡り廊下の窓から作品を観るとこんな感じです。

  ●


会議室に戻り、会の後半が始まりました。


地域連絡会の終了に伴い、地域長さんや副地域長さんからの
感想や、参加されて思った提言などを発表してもらいました。


エリアの選択、宣伝の仕方、木津川市全体の地域長へのアプローチの勧め・・・・
などなど、多くのご意見をいただきました。


参加者が24名と少なかったため、全員で感想を発表しました。


最後までお付き合いくださった地域連絡会のみなさん、
ボランティア・スタッフのみなさん、
お忙しい中、ありがとうございました。

銘板がこの日に間に合いませんでしたが、あと半月ほどで設置されるはずです。
この日参加出来なかったみなさん、
ぜひ、長谷川さんの作品を観に、「アスピアやましろ」に来てくださいね。




コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

ツイッター

KIZUGAWA ART MAGAZINE

公式ホームページはこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM