思い出アルバム<36>おそうじ隊

木津川アートでいつもすごいなあ、と思うのは、
<おそうじ隊>のことです。


作家の方々に泊まっていただくレジデンスのお掃除。


部屋全体の清掃のみならず水回り全てを、本当に一生懸命お掃除してくれました。
その本気度に脱帽なのです。


ほぼ掃除の終わった山本邸。


ボウボウの草を刈ると、そこには立派な和風の庭が現れました。
草刈り機を使える人がいる、それだけで感謝、感謝。


上狛の旧JA倉庫、暑かったですね〜。


このおそうじ隊は、作家さんと一緒にするのが楽しいのです。
「どんな作品になるのかな〜」と思いながら・・・・。


中野邸。
たぶん、一人ではめげてしまいそうなお掃除も、みんなでやるから出来てしまう。
やってみないと分からないおもしろさをみんなで共有します。


新山浩さんと神戸市立科学技術高校のみなさんも助っ人で、
森川邸のおそうじ隊に参加してくれた日もありました。


応援の数が多ければ多いほど、「よっしゃー!」という気持ちになります。
見る見る間に、キレイになっていくのでした。


展示会場ばかりではありませんでした。
木津川アート「基地」も長年の荷物を整理し、すっきりさっぱり片付けました。


どの写真も、夏の暑さの中で、みんなが黙々と、でも笑顔を絶やさず作業していたことを思い出します。

木津川アートの「おそうじ隊」は本当にすごいのです!!!



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

ツイッター

KIZUGAWA ART MAGAZINE

公式ホームページはこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM