流域センターの屋上


国道24号線を走っていると、開橋(ひらきばし)あたりでこんなのぼりが見えます。
こののぼりが目印。


ここは、流域センターと言って、国交省の建物。
木津川の氾濫など災害が起こったときの本部となるべき場所です。


普段は入れないこの場所に、今回アートで使うことが出来ました。
19日(土)12時から、竹中洋平さんのライブが行われます。


でも、週末のお天気はちょっと不安です。
この青い空は、本日16日のお昼過ぎの風景。
雲の形、空の広さに感動です。


山城の風景を独り占め、していたところに男性がやってきて、
やっぱりこの広い空を楽しんでおられました。

17日が最後の好天になるのかしら。

こんな場所に自由に上れるのも、木津川アートの期間だけ。
木津川市民のみなさん、ぜひこの機会に流域センターに来てください。
「マチオモイ帖P]の展示もおこなっています。


これは、上狛駅前案内所:福井たばこ店で見つけた秋。
毎日、福井さんのちょっとした設えが増えていきます。
これも福井さんのおもてなしの気持ち。
ほっこり温かいです・・・。

木津川アートもあとすこし。
まだ来られていない方は、ぜひお越しください。




コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

ツイッター

KIZUGAWA ART MAGAZINE

公式ホームページはこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM