お客さま、いらっしゃ〜い。

2016.11.11 Friday

0
    金曜日は、暖かな気候でハイキング日和でしたが、
    木曜日は、本当に寒い一日でした。


    そんな中、亀山トリエンナーレのディレクターと、作家の方々が
    木津川アート2016にお越しいただきました。

    「いらっしゃ〜い」


    つないでくださったのは、木津川アートの作家、加藤史江さん。
    亀山トリエンナーレで木津川アートのことを発表されたこともあります。
    AOTAKEでランチをいただきながら、意見交換。
    お互いにエールを送り合いました。


    ちなみに、AOTAKEのランチ「おにぎらず膳」は、
    木津川アートの期間だけの限定ランチ。(¥500)
    ちょっと小腹が空いた方へぴったりのランチです。
    1日限定20食程度なので、お早い目にどうぞ。


    左から、作家の櫻井さん、ディレクターの森さん、そして、加藤史江さん
    遠いところ、ありがとうございました。



    同じ日に
    びわこビエンナーレの代表、中田洋子さんも木津川アートに来てくださいました。

    「いらっしゃ〜い」


    つないでくださったのは、奥中章人さん
    びわこビエンナーレでも出展されていたので、今回木津川アートの作品を観に来られたのです。


    「楽しいわ〜」
    奥中さんの作品を存分に楽しまれていました。


    意見交換も出来て、楽しい交流となりました。

    寒い寒い天候でしたが、
    それぞれの特徴をもった地域アートの代表に来ていただいて、
    大変うれしい一日でした〜。


    コメント
    佐藤さん、先日は楽しいひとときをありがとうございました。
    いまだに木津川の美しい風景と作品が脳裏でクロスして蘇ってきます。
    焼き芋や柿をくださったり皆さんに親切にしていただいたことも、良い思い出です。
    地域アートを開催することの喜びを、お互いに充分、楽しみたいと思います。
    今後ともよろしくお願い致します。
    来年は亀山トリエンナーレ2017でお会いしたいです。
    • by 森敏子
    • 2016/12/06 6:59 PM
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL