今年初めての「月1会」は新年会。

2016年1月の「月1会」は、新年会となりました。
今回はその模様をたっぷり写真で伝えます。



場所は、山城町にある中華料理店「萬盛」(まんせい)。
名前通り、ボリューム満点、その上安い!
お酒飲まない人¥2,000、飲む人¥3,000、きゃー!すてき!
(これは幹事さんががんばってくれたおかげです、ありがとう)



各テーブルとも早くから盛り上がりました。







最初はこの5つのテーブルに分かれて食事をしていましたが、
いつしか移動して、ええ感じにミックスされていきました。



お楽しみ景品コーナーは、
「木津川アートマチオモイ帖プロジェクト」クイズびっくりぽんや〜!


問題)棚倉帖を制作している加藤さん、大道さん、田邉さんチーム。古代の山城地区の食生活に迫ろうと、あるクッキーを実際作ってみました。それは次のどれでしょう?1)どんぐりクッキー 2)たけのこクッキー 3)いなごクッキー

問題)「綺田帖」は、綺原神社の秋祭りを林直さんの写真で伝えます。祭りのクライマックスの御輿巡行では、その年小学1年生になる男の子たちが御輿に乗ります。「神の子」といわれる彼らの特別な扱いとは?
1)祭りの前後1週間は宿題をしなくていい。
2)御輿に乗るところまで抱きかかえられていける。
3)祭りが終わるとおもちゃが買ってもらえる。

問題)「西古川帖」を制作の山川さん。納屋を改装した素敵な古民家を題材にしています。ここで山川さんはびっくりぽんなことを経験します。さて、次のうち、経験したことがないのはどれ?
1)布団に入って天井を見ると星空が見えた。
2)家に帰るとご近所さんが勝手に居間でテレビを見ていた。
3)いろんな所から虫が出入りするのでいつも虫取り網を部屋に置いていた。

問題)「市姫帖」制作の早川、薫チーム。いろいろな文献や聞き取り調査から、市姫さんの物語に迫ります。さて、その中で知ったびっくりぽんなこととは?
1)市姫さんは、実は男だった!
2)市姫さんの血筋を受け継ぐ家が今もあった!
3)水害記念碑に使われている石碑は、実は市姫さんのお棺の蓋であると言われている!

問題)木津川アート2016もいよいよ今年開催です。事務局の新顔、中村さんと、さとうのびっくりぽんな関係は次のうちどれでしょう?
1)2人は付き合っていたことがある。
2)中村さんのおじいちゃんが、さとうの初恋の人だった。
3)中村さんとさとうの息子が同級生だった。

みたいな問題でした。
みなさん、つきあってくれてありがとね。
ちなみに上記問題の正解は、1)2)2)3)3)




ランタナさんのスコーン&クッキー詰め合わせ、
萬盛さんのペアランチ券、
西井米店から美味しい玉子やおかきセット、
などなどをかけて、競い合いました(はずなんだけど・・・)。





で、結局ジャンケンか〜。



あとは、もういつものように、お話しの花!



あちらこちらで楽しい話、真剣な話。



高尚な話、お下劣な話。

















お、4月に開催されるプレイベント「森フェス」の打ち合わせもされているゎ!
もう本当に素晴らしき仲間たちです。




お仕事の都合や、体調を崩されて出席できなかった方、また次の機会に〜。
これらの写真見て「今から入りにくいわ〜」と思わる方もいらっしゃるでしょう。
ファンクラブの方ならいつでもウェルカムです。
最初だけ、がんばって!

では、2016年もがんばっていきまっしょいっ!



※みんなVサインではなく、蟹萬寺さんのカニ〜!サインをしています。




コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

ツイッター

KIZUGAWA ART MAGAZINE

公式ホームページはこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM