モノクロームサーカスさん ベースキャンプを訪れる!

ベースキャンプでダンス・ワークショップを行うモノクロームサーカスの
坂本公成さんと森裕子さん、コーディネーターの佐東範一さんが、
ベースキャンプを訪れました。




里山の豊かな自然の中で、
そこでしかできないおどりを見つけていく、
映画でいうところの「ロケーション・ハンティング」、
それが
11月14日(日)、木津川アート最終日に行われる
「鹿背山ダンスピクニック」
です。

私たちは、まさにロケーション・ハンティングのロケをしに
ベースキャンプを目指しました。

森さん、坂本さんは、まるで子供のように
そこにある風景と解け合うように、ナチュラルな動きをされます。

ベースキャンプに入ると、
森さんは倒木にまたがり、風を感じながら揺れていました。
気持ちよさそうなその動きに、しばし引き込まれるように見ていました。

予告もなく静かに幕が上がり、
そして、森さんが動きを止めたとき、
見ていたみんなは思わず拍手をしていました。

この模様は、佐東範一さんがブログに載せてくださっています。

http://jcdn.jugem.jp/?eid=250

坂本さんはツイッターでつぶやいたり、
映像をYou-Tubeにアップしてくれました。

「鹿背山ダンスピクニック monochrome circus」で検索してみてください。

蜘蛛の糸にぶらさがった葉っぱが踊っています。
おもしろいです。
ぜひ見てください。



そう、ダンスと言うより、
里山に舞う木の葉になったような気持ちになる

「鹿背山ダンスピクニック」

おすすめです!


11月14日(日)10:00‐15:00 JR木津駅東口集合

要予約 / 無料 / 定員30名 ※定員になり次第締め切り

会場:鹿背山ベースキャンプにて
講師:坂本公成+森裕子(monochrome circus)

里山の豊かな自然にふれあいながら、「ここでダンスを創作したらどうなるか?」
その入り口を探すワークショップ。映画で言えば「ロケーション・ハンティング」。
どなたでも参加できます。タオル、Tシャツ、ジャージなど動きやすい服、飲み物。

昼食は里山マルシェをご利用ください。
(この日は芋煮、釜で炊いたご飯、おかず、コーヒーの特別メニューです。
 予約された方は、お箸、お椀、お皿、コップをご持参ください)

10:00‐12:00 木津川アートツアー(鹿背山コース)
12:00‐13:00 昼食
13:00‐15:00 ダンスワークショップ

 (鹿背山エリアのツアーがセットされた無料バスが、
  10:15にJR木津駅東口から出ます。お乗り遅れありませんように)


モノクロームサーカスさんは、この夏グラフの服部滋樹さんのプロデュースのもと、
瀬戸内国際芸術祭、直島にて公演されてきました。

このすてきな講師と、充実のコースとワークショップ、
参加費無料、無料バス・・・と、
本当に見逃せないメニューです。

定員に成り次第締めきります。
お早めにお申し込みください。



鹿背山は柿色に染まって、みなさんをお迎えすることでしょう。



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

ツイッター

KIZUGAWA ART MAGAZINE

公式ホームページはこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM