<公園 de View> ドキュメント その12

2013.11.04 Monday

0
    <森のアート>5

    同じ兜谷公園の続きをお伝えします。
    この公園では、作家によるワークショップが2つありました。


    【大場典子さん】

    針穴写真作家の大場さんが、この日のために提案してくださったのが、
    日光写真。



    何度も言いますが、この日は降水確率60%。
    早朝には強く雨も降っていました。
    蛍光灯でもできますよ、と大場さんに説明は受けていましたが、
    やっぱり日光でしてほしい〜!



    望みは叶い、午後からはとても盛況だったそうです。




    兜谷集会所が、作業の場所となりました。
    大場さんから、参加者と完成作品の記念写真をいっぱい送ってもらいました。
    子供さんのいい笑顔の写真もいっぱいあったのですが、
    今回は大人だけにしました。
    では、一部をまとめてアップしましょう〜。




















    みなさん、いい笑顔!





    【小原一洋さん】

    その地域の水でシミをつける「シミ・プロジェクト」の一環として、
    去年の「当尾小学校編」では、ステンシルという技法で
    Tシャツに模様をつけるワークショップをしてくださいましたが、
    今回は、トートバッグでした。

    大人も子供も参加できるワークショップはいいですね。



    松村忠寿さんもそうですが、中之条ビエンナーレに出展中の忙しい中、
    <公園 de View>の応援に駆けつけてくれました。




    事前に決めていた場所は屋外だったのですが、
    空模様が心配で、兜谷集会所の玄関ロビーになりました。
    狭い場所でごめんなさい。
    でもこうして写真で見ると、ちゃんと「小原ワールド」を作っちゃってる。
    さすがです。


    ギリギリまで木津川アートに参加、
    久々に会った作家さんやスタッフと挨拶を交わし、
    日帰りで東京に戻って行かれました。

    小原さんのまわりは、いつも明るい雰囲気でいっぱい。
    私たちも元気をもらいました。

    小原さん、本当にありがとう!



    <森のアート>まだまだ続きます。



    ==================
    おしらせ
    ==================

    11月10日(日)
    木津川アート2014応募を考えておられる
    作家さんのための「空間探しツアー」、
    参加者募集中!
    詳しくは、木津川アートマガジンで!

    http://kizugawa-art.com/single_pages/20131110_news.pdf

    ==================








    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL