チーム八木邸 秋の見学会

チーム八木邸が、展示場所の確認を兼ねて集まりました。
と言っても、当日は参加人数は少なく、
しかし少人数でも和気藹々と親交を深めました。



まず、書家の上田普さんが、展示場所の採寸を始めました。





上田さんは、八木邸の離れや庭へ通じる木戸を採寸、
午後は、木津本町周辺を、拓本するための石碑ハンティングに回ったそうです。
「ええもん、ありましたか〜?」

制作のために木津川市を歩いてくれるなんて、
市民としてうれしい限りです。





さて、もう一人の作家さんは日下部一司さん。



招待作家の日下部さんは、米蔵で展示をされます。



この米蔵で、イーゼル芸術工房がライブをして、
その音響のよさ、落ち着いた雰囲気に圧倒されたのは、今年の3月のことでした。
早いモノでもう半年も経ったのですね。



日下部さんは、その1階ではなく、
はしごを登ったロフト部分で展示されます。

暗いです。
照明をつけるといううものの、
ここは暗いし、1階を見下ろせる面白い場所です。

「影をつくる」というテーマにされる作品、
この暗さをどう利用するのでしょうか、とてもわくわくします。
ロフトから身を乗り出して、1階に落ちることのないよう、みなさん、
くれぐれもお気をつけください。






左から、ボランティア・スタッフの三島さん、上田普さん、日下部一司さん、水島太郎さんの奥さん。
太郎さんが欠席されたので、奥さんが代わりに出席してくれたのでした。

八木邸の離れ、通称「勉強部屋」で、
おいしいお弁当をいただいて、とっても楽しい時間を過ごしました。
上田さん、日下部さん、
おもしろい作品を期待しています。

どうぞよろしくお願いしま〜す!

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

ツイッター

KIZUGAWA ART MAGAZINE

公式ホームページはこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM