木津川アート2012が終わって



木津川アート2012が終わって、2日が経ちました。

片付けに終われる2日間でした。

毎日多いときには900件のアクセスがあった
この「ほぼ毎日」ブログも、
とうとう2日に1回になり、
これから急に読者も少なくなるんだろうなあ、
と思うと、寂しい気持ちになります。

そんなことを思っていましたら、
こんなお便りを当尾の若い人からいただきました。

ご本人の了解も得ぬまま、
掲載させていただきます。



拝啓

木津川アートが始まった頃には沢山残っていた銀杏の葉も、
終わりの今日には随分散り、
いよいよ当尾の里も冬支度を始めようとしています。

木津川アート、
2週間でしたがとても楽しませていただきました。
一番近い所で、一番良く知っている所でのイベントだったので
とても楽しめました。

おそらく、当尾の里で行うとなった時には
反対の意見もあったことと存じます。
それでも、この地で行なって下さったことには
とても意味があると思います。

元来、当尾の地域は受け入れるまではなかなか時間がかかるけれども
受け入れてしまえばとことん受け入れる地域だと私は思っています。

地域の良さ、村としての良さが残っていてよかった なと
本当に思いましたし、
作家の方に感じていただけたのはとても嬉しかったです。

アートって楽しいですね。

今までは有名な画家(ピカソや、ダリなど)を見ても
いまいちピンとこなくて「何が素晴らしいんだ?」と思ってました。

しかし、今回はアーティストの方からも、
「夕日が入るともっと綺麗ですよ」
「作品と、もみじ、銀杏とのコラボレーションがいいなと思って」
などの声を聞けたり
地域では
「お地蔵さん、夜に見ると怖いけど、肝試しみたいにして楽しんでるわ」
「ずっと前から楽しみにしてましてん、若い人がぎょうさんきてくれはるし」
など両方からの声を聞きながら見ることで楽しむことができました。

その結果ついつい、週末になると通ってしまいました。
絵が苦手な私が初めて作品と向き合い、
楽しむことができた2週間で した。

準備から、終わりまで
とてつもない作業量をこなしてくださったから
今回のアートになったのではと思っています。
ボランティアの方も、地域の方も、その他全部ひっくるめて
「あ〜楽しかった、あ〜よかった」と思えました。
ありがとうございました。





じ〜〜〜〜〜ん。

うれしいなあ。

お手紙ありがとうございました。

本日、小学校のお掃除終了しました。
がら〜んとした小学校。
寂しそうに見えて、実は密かに次の出番を待っているような、
そんな静けさでした。



そうです、
この校舎は、地域の人のための場所として、
生まれ変わるのです。

どんな活用かは、これから決めていくのですが、
木津川アートが、何かのヒントになり、
元気の素になれば、
それこそ、大きな役割を果たせたのでは、と思っています。

当尾のみなさん、
お世話になりましたっ!


木津川アートブログ、
まだ続きます!











コメント
余韻を楽しんでます。もう少し、更新を楽しみにしています。
  • かずや
  • 2012/11/21 12:42 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

ツイッター

KIZUGAWA ART MAGAZINE

公式ホームページはこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM