ほぼ毎日制作ノート(16)

ほぼ毎日制作ノートも、
確実に毎日制作ノートとして定着してきました。

どんなに眠くても、
誤字脱字があろうとも、(あっちゃだめ!)
とにかくこの調子で行くぞ〜!



今日の制作風景は、この「石の道しるべ」
地方の芸術祭では、マップと看板が命綱。
まち歩きには、ある程度目立ちたいところですが、
里山の素敵な景観を邪魔したくない、という気持ちもあります。




この道しるべは、石を削った残りの石を利用して
造られました。
ですから、どれ一つとして同じ形の道しるべはありません。
自然の素材であり、木津川アートのマークがはっきり分かる
素敵な道しるべを彫ってくださったのは、
森岡石材の森岡さん

忙しい中、ありがとうございました!!!
そのうえ、ボランティア!!
そのうえ、作家の佐藤久一さんの作品のための石
提供してくださいました!!
重ねてありがとうございました!!

お礼にもう一度叫んじゃいます!

「森岡石材さん!ありがとう!!」





「できあがりましたよ〜!」というお電話に、
さっそくスタッフが森岡さんの工場まで取りに伺いました。
スタッフの中で一番小さいMさんも、
同じ大学生のSさんも、
石を運ぶのを手伝ってくれました。



ここでいいですか〜?



こんな所でどうでしょう?



もうちょっと奥ですよね〜?

場所の確認をしながらも、
ハイキング気分で歩きました。
みなさん、ご苦労さんでした!



みんなであーだこーだとやっていると、
農作業をしている地元の人に出会いました。
「手伝ってくれるんか?」
「ちょっと若い女の子連れてると、これなんだから〜」

そうやって地元の人と気易く立ち話ができるって、
なんとも心地よいものです。


「石の道しるべ」は、
旧当尾小学校から、森八幡さままでのコースに、
合計11個を置きます。

ちょっとアップダウンのある道中も、
作家さんの作品と、この石の道しるべが導いてくれるはず。
お楽しみに。
















コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

ツイッター

KIZUGAWA ART MAGAZINE

公式ホームページはこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM