<制作ニュース・おそうじ隊> 奥本陽一さん

加茂エリア、加茂駅から船屋通りを入った所に
コーヒー豆を売っている「Coffee豆 凛」さんがあります。
その1階のプライベートなお部屋をお借りして展示されるのが、
奥本陽一さんです。

今日はその展示会場のお掃除をしました。


左から、奥本陽一さん、おそうじ隊の長田さん、塩川さん。


まず、部屋の中の応接セットを出す作業から。




拭き掃除から


窓ふきまで、
すべて作家を含む三人で、テキパキと進められました。


どうやら展示のポイントはこの窓のようです。
ですから窓ガラス拭きに時間をかけました。

ガラス用洗剤では落ちない汚れも
新聞紙で丁寧に磨くと、ホント、嘘みたいにピッカピカ!


インスタレーション、パフォーマンス、
という分野での奥本さんの作品の内容は、
当然ここではお見せできません。
が、しかし応募された過去の作品の内容を簡単に紹介しますと・・・・

・・・・
「キャンバスを背負う(hop)」というタイトル。

白く大きなキャンバスの上部に
赤土とビールを混ぜたものを入れた紙コップがついています。
それを奥本さんが背負い、グラウンドでホップすることによって
コップの中の液体も同じように揺れて、こぼれます。
そうやって、キャンバスに浮かび上がった形、
液体が付着した服を展示するのですが、
その行為そのものが作品となっています。

どうです、おもしろいでしょ?
奥本さんの発想、行為、それを見たみなさんの反応、
それらを全て作品と捉えます。


さて、今回奥本さんは何を考え、窓ふきをしていたのでしょう?
それは木津川アートに来てくださってご覧ください。



玄関先では、このお店のオーナー岩田さんと
偶然通りかかった「加茂ふるさと案内人」の西村さんが、
楽しそうにお話をされているところ。



お掃除は約2時間弱で片付きました。
みなさん、ごくろうさまでした〜!

近くでお店をしているボランティアスタッフの城野さんも混じって
記念撮影。

奥本さん!(右から2人目)
おもしろい作品、待っていますね!

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

ツイッター

KIZUGAWA ART MAGAZINE

公式ホームページはこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM