「空間探しツアー」その4

「空間探しツアー」の途中、
瓶原地域にお住まいのみなさんともお話できました。


廃園になった幼稚園を、陶芸の教室&住居としてお使いの
「みかのはら陶工舎」金子さん
素敵な空間にワクワクしました。
中まで見せてくださって、ありがとうございました!


家具作家の浦辻さんの奥さん(左)と、
農業をしながらさまざまな活動をされている野中ご夫妻
瓶原という土地に惹かれて移住されたクリエイティブなみなさん。
これからよろしくお付き合いください!


浦辻さんの工房&お宅は、元お茶工場。
「すてきっ!」の声があちこちから。


浦辻さんの庭にはヤギがいて、


ブランコがあって、


ハンモックまであって、みんなで遊んじゃいました!

つづく・・・・。











「空間探しツアー」その3


お腹も満たされ、ツアー後半が始まりました。
訪れたのは、口畑(くちばた)にある古民家。


築何年の建物かはわかりませんが、
ご仏壇の中の位牌の古さ、電気配線のされていなかった時代というのは一目瞭然。
この家で小さい頃過ごされた田村さんに、説明をしていただきました。


昔話に出てくるような縁側。


おくどさん、嫁隠し、からうす、かたや・・・
昔の暮らしを表す言葉がどんどん出てきます。




昔の暮らしを愛し、その姿を残してきたこの家のオーナーへの拍手が、
一番人気だった理由でしょうか。


以下、瓶原(みかのはら)ウオーキングの模様です。




あちこちにお茶畑があります。


恭仁宮大極殿跡


お天気には恵まれましたが、寒かったです〜。

つづく・・・・。

「空間探しツアー」その2


お昼ご飯前に「流岡山」の山登り。
短い距離でしたが、ちょっとハードでしたね。


その「流岡山」にあるのが「泉川温泉」
写真の真ん中に写っている建物です。


創業年はよく分からないそうですが、
元は木津川の旅人の疲れを取る旅館、今は会席料理店です。
温泉が出ていたわけでなく、お風呂のある宿をそう呼んでいたとか。
昭和初期に瓶原で芸術活動を行っていた画家、秦テルヲの風景作品にも登場します。


今日はここでお昼です、楽しみ〜。


お座敷に通され、スタッフも含めて興奮気味な参加者たち。


「泉川温泉」さんの大サービスに感謝、感謝。


柿のお菓子も美味しゅうございました。


自然と楽しい会話も弾みます。
「泉川温泉」さんのお心遣い、本当に嬉しかったです。
ごちそうさまでした!

あれ、「泉川温泉」さんの昼食の話しで、今日は終わっちゃった。

つづく・・・・。






空間探しツアー その1

11月に行われた「空間探しツアー」の模様を数回に分けてお送りします。
これは、木津川アート2018に参加応募しようと考えている作家さんや、
ボランティア・スタッフとして参加しようと思っている方、
そして、木津川アートに興味のある方に向けてのツアーです。


この日の空は、透き通るように青かったです。
その分、寒い朝でした。


木津川市のマイクロバスで、瓶原(みかのはら)に向けて出発〜!


バスの中は満員御礼。
乗れなかったスタッフはその他の車に乗り合わせ、
総勢40名のツアーとなりました。


最初に訪れたのは、「恵美須神社」


どこかから聞こえるサウンド。
姿は見えねど、何?この不思議な世界・・・。


10分後に現れたのは、木津川アートでは縁の下の力持ち、小林一博さん
素晴らしいパフォーマンスに、みんな酔いしれました。
寒い中、小林さん、ありがとうございました!!!


河原、岡崎の集落を抜けると・・・


目の前に広がる我らが「木津川」


寒いけど、気持ちいい〜!

さて、次は流岡山へと進みます。

つづく・・・・

「みかのはらカルタ作り」



恭仁宮大学・11月の講座は、
「みかのはらカルタ作り」大きなカルタの絵を描こう!でした。


午前の部では、みかのはら地域に関するキーワードを出して、
それを読み札にまとめました。
これが重要で大変な作業でしたが、うまくまとめられました。


できあがった読み札から、どんな絵を描こうか?
悩むところです。


さて、決まればさっそく絵札の作成。
集中の時間、いい空気が流れています。


親子で。
(それにしても大きなお子さんですね、大学生ですか!)


友達同士で。


「パパ、まじ真剣!」
織部焼を表現しようと必死です。


子どもだって、構図が決まれば早いのだ!


先生に「画伯」とニックネームを付けられた彼。
夕暮れの鹿背山と柿が、すごくいい感じ!


午後からの参加でも、こんなにしっかり描けましたー。


「楽しかったー!」
子どもも大人も、みんな口を揃えて満足そう。
さすが「こどもおとなアート隊」!!!!

残りの絵札は、引き続きワークショップを行います。
できあがったカルタは、来年1月、恭仁宮跡にて、カルタ大会を行う予定です。
ついでに凧揚げもしちゃう?

ご興味のある方は、ぜひご家族で参加ください〜!








| 1/171PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

ツイッター

KIZUGAWA ART MAGAZINE

公式ホームページはこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM